11月23日に奄美語り

  • 2015.09.17 Thursday
  • 09:58

「奄美語り」をします。
 

大橋愛由等は、11月23日(祝・月)に、神戸市長田区で、奄美について語ります。

この語りは、「大阪教区沖縄交流・連帯委員会」から招かれたものです。同委員会はこれまで、沖縄について学習し、沖縄と連帯していこうと活動している牧師と信者のみなさんの集団です。いままで沖縄についての学習がもっぱらでしたが、今回は奄美が中心となります。語りの内容は、鹿児島でもなく、沖縄でもない奄美のありようについてをいくつかの角度から紹介します。また、聴衆がキリスト教関係者ですので、戦前にあった奄美におけるキリスト教弾圧についても語ります。
 

◇時間/11月23日(祝・月)午後2時JR新長田駅改札口集合
 

◇会場/まず、新長田駅から徒歩4分の「神戸奄美会館」に向かいます。この会館は、奄美出身者が所有しているもので、神戸市内にはもうひとつ「沖州会館」があります(奄美出身者は本土〈ヤマト〉に多く住んでいますが、自前の会館(集会所)を二カ所も所有しているのは神戸だけです)

  ・この会館で、まず大橋が奄美語りを90分ほどします。
 

◇奄美関係場所めぐり/長田は、奄美出身者にとって、縁(えにし)の深い場所です。この地の地場産業であるケミカルシューズ業界に従事する出身者は多いのです。また、奄美が米軍政によって支配=「行政分離」(1946-1953)されていた時期、奄美出身者は、Non-Japanese 扱いとなったため、出身者同士の互助組織が必要となって1946年2月には長田で早々に「奄美連盟」が結成されています。
 

◇徳之島しまうた鑑賞/再び、神戸奄美会館にもどり、徳之島出身の米川宗夫さんによるシマウタを、聞いてもらいます。徳之島はこの島独自のうたが多く、奄美大島とは異なる響きが魅力です。
 

◇懇親会/「シマジュウリ」という奄美料理を食べさせてくれる店に向かいます。大きな店ではないのですが、奄美大島出身で唄者でもある主人の心尽くしの料理と黒糖焼酎でもてなします。
 


〈この会は、「大阪教区沖縄交流・連帯委員会」のみなさんに限定の奄美語りと徳之島島唄演奏のイベントです。一般の方は残念ながら参加できません〉

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM