録音情報11/福田原里さん(沖永良部島正名集落)

  • 2017.01.10 Tuesday
  • 11:19

沖永良部島知名町正名集落の福田原里さんのしまうたの情報です。

この録音は、わたし・大橋愛由等が、2008年1月21日に、知名町で録音したものです。

正名集落独自のうたも収録されています。

(トラックナンバー、曲目、演奏時間の順)

 

005. 沖永良部島一切(ちゅっきゃり)節           (03:58)

 

009.  里よ節                                                 (03:45) 

 

012.   想(うむ)よ加那                                   (02:54) 

 

014. 禁酒節                                               (02:43)

 

016. あんちゃめ小                                        (02:58)

 

018. いちきゃ節                                           (03:42)

 

021. 島口説                                               (04:30) 

 

 

 

 

録音情報10/松山美枝子さん 1999年録音

  • 2016.09.20 Tuesday
  • 09:15

上村藤枝さんなきあと、カサン唄の唄い手として、高く評価される松山美枝子さんの歌声です。

1999年に名瀬市(当時)で収録しました。唄・松山美枝子さん、ハヤシと三線・福山幸司さんです。

この二人のコンビとして収録できたのは、至福のいたりといっておきましょう。

(トラックナンバー、曲目、演奏時間の順)

 

003. 朝花節           (03:22)

 

005.   長朝花節        (03:57) 

 

007.   俊良主節        (03:41)

 

009. 黒だんど節     (02:48)

 

011. 花染節           (02:06)

 

017. 請くま慢女節  (03:13)

 

022. コーキ節        (02:19) TAKE01

 

025. コーキ節        (02:18) 

 

027. らんかん橋節  (04:12)

 

029. 野茶坊節        (03:30) TAKE01

 

031. 野茶坊節        (03:46) 

 

033. 長雲節           (03:03) TAKE01

 

035. 長雲節           (03:08) 

録音情報10/古仁屋の冨島甫さんのシマウタ2001年

  • 2013.07.30 Tuesday
  • 09:03
 2001年1月15日に、古仁屋で収録した冨島甫さんのシマウタ録音データです。

〈演奏者〉冨島甫(歌とティディン〈太鼓〉)
     徳原正照(三線とハヤシ)

★MDその1

 08.ほこらしゃ(2:58)
   13.朝花節(3:31)
   15.俊良主節(3:18)
   18.俊良主節の元唄(3:07)←「うなぐら節」から「じんどろ節」へ変わっていく
 20.くろだんど(2:56)* 
   22.くろだんど(2:46)*
   26.野茶坊節(3:57)
   30.俊金節(3:38)
   34.諸屯長浜節(5:02)
   37.まんこい節(6:02)
   40.いそかな節(4:52)

★MDその2
    03.塩道長浜節(2:36)
    07.カンティメ節(2:13)
    10.曲りょ高頂節(3:28)
    14.嘉徳なぺ加那節(4:14)
    17.別れ朝花(7:07)

(トラックナンバー、曲名、演奏時間の順)

録音情報09/徳之島の唄者 2000年録音後半

  • 2012.06.20 Wednesday
  • 08:47
 (アユ)--2000年一月に徳之島で録音した三組の唄者たちによる貴重な録音です。この録音は、松山光秀さんがプロデュースしていただきました。このMDデータは、当日録音した後半部分です。


 03.十番口説 (5:54) 治井秋善・治井春代

 

 11.徳之島一切節 (5:36) 治井秋善・治井春代、坂元則広、中島清彦・泉サダ子


   16.ヨイスリ節 (4:22) 治井秋善・治井春代


   19.三京ぬ後 (3:49) 中島清彦・泉サダ子


   21.島カンティミ (3:38) 治井秋善・治井春代


   23.作たぬ米 (3:11) 治井秋善・治井春代


   25.クロダンド節 (5:34) 中島清彦・泉サダ子


   28.マンカイ玉がなし (1:29) 松山光秀 (太鼓唄)


このうち、松山光秀さん、治井秋善さんは鬼籍に入られていることから(2012年現在)、もはやお二人の演奏や声を聞くことができず、この録音がより貴重な存在になっていることが自覚されます。そして最後に松山氏自ら太鼓唄を披露され、これもまた希少価値のある録音となったのです。

録音情報07/盛浩司さんのうた

  • 2011.10.31 Monday
  • 10:52
  (アユ)--2006年に徳之島・亀津で録音した盛浩司さんのうたです。
盛さんは「福盛堂」という三線を製造・販売している店を切り盛りしながら、しまうた教室も運営されておられます。


03. 三京ぬ後 (04:15)


07.   天地あもろ〈口説〉 (08:13)


09. はやし口説 (6:35)


17. 震災節〈徳之島一切節の曲で〉 (3:07)



曲の紹介を付しておきましょう。
1.三京ぬ後--フシマゲは、盛さん独特であり、サンシル奏法もすこしチョーキングしたような工夫をこらした響きです。そしてなんといっても、三線制作会社の社主の使うサンシルですから、よく音が出ています。 

2.天地あもろ--いわゆる「羽衣伝説」徳之島版を口説で展開したもの。演奏時間はなんと、8分13秒。これを聞いていると、やはり徳之島は口説の島であることが実感されます。子供の子守唄で隠されている羽衣を見つけて、それを纏うと、もとの若い天女になるのです。そして四人の子供を天に連れ帰ろうとするのですが、持ちきれず下の子だけを置いていきます。異界から来て、結婚生活を経て、再びその異国に帰っていくという説話パターンは世界中にみかけられます。ギリシア悲劇の「メディア」では、夫の不貞に激怒した王女メディアが、わが子を殺し、竜車に乗って、異国に帰っていくという壮絶な最期を展開するのです。

3.はやし口説--島(徳之島)のシマ(集落)がおもしろおかしく紹介されているもので、「全島口説」とは違った内容が歌われる。現在でこの曲は、最期の「ワイド節」や「六調(夏目踊り)」の前に演奏されるとかで、宴が盛り上がった時に歌われるとか。

4.「震災節」--無理を言って、演奏してもらいました。メロディーは「徳之島ちゅっきゃり節」。阪神大震災の被害を、沖縄間の船の中で知った盛さんは、それまで計画していた島唄大会を急遽、阪神大震災へのチャリティーコンサートに切り替えて、赤字を出してまで、そのコンサートを敢行。同時に、徳之島出身者が多い長田に思いを馳せて、震災に関する歌詞を作ったのです。阪神大震災の被災者としては、こういう行為ほど嬉しいものはありません。盛さんに感謝しなくてはなりません。

以上4曲だったのですが、口説の島の魅力を伝え、そして震災節を聞いていただくという意味もあり、貴重な機会でした。



トラックナンバー、曲名、演奏時間の順です。

録音情報06/石岡春代さんのうた

  • 2011.10.24 Monday
  • 11:04
 (アユ)--尼崎で録音した石岡春代さんの島唄です。奄美大島出身ですが、録音時には名古屋にお住まいでした。セントラル楽器のプロフィールには、「学生の時に島唄を唄い始める。1984年、第7回「日本民謡大賞 西日本優秀賞、鹿児島県代表に選ばれる」とあります。


06. 朝花節 (03:22)


09.   あんちゃんな節 (3:23) 


14. しゅんかね節 (4:24)


17. かんてぃめ節 (3:39)


21. むちゃ加那節 (4:40)


27. 渡しゃ (3:22)


30. 豊年節 (3:18)


トラックナンバー、曲名、演奏時間の順です。

録音情報05/目手久・幸山忠重、幸山忠蔵さんのうた

  • 2011.07.11 Monday
  • 10:36
 (アユ)--2004年に徳之島伊仙町目手久集落の幸山忠重、幸山忠蔵さんのうたを録音したものです。

 02.島あさばな (2:51)
 
 05.徳之島一切節 (2:38)

   07.取ったん金ぐわ (3:27)

   09.意見口説 (5:17)

   11.三京ぬ後 (4:40)

このうち、「取ったん金ぐわ」は、この目手久集落で生まれた歌と言われています。


 

録音情報04/宮内利昭さん、東ひろ子さん/沖永良部国頭集落

  • 2011.05.30 Monday
  • 10:21
(アユ)--1998年1月20日に沖永良部・和泊町の「国頭公民館」で録音した宮内利昭さん(サンシル、はやし)と、東(ひがし)ひろ子さんの歌声です。

この録音はFMわぃわぃ「南の風」奄美篇が始まって初期の頃の収録となります(放送開始は1996年)。宮内さんのサンシルの奏法のすばらしさに、ぞっこん惚れ込んでしまいました。父上からサンシルを習ったということですが、ヒギャのサンシン奏法にも比肩できる濃密な装飾音の入れ方を特徴としています。この録音を機に国頭集落のしまうたの奥深さに目覚めたのです。

09. スーリスーライ (04:03)


12.    海ぬ笹草 (4:30) 


16. レンガ節 (3:24)


20. 西目ちゅっきゃり節 (2:56)


22. アンチャメーグヮ (2:36)


24. イチキャ(ナーガルジル) (5:06)


27. 犬田布嶺 (4:35)




トラックナンバー、曲名、演奏時間の順です。

録音情報03/藤岡俊一さん ハヤシ・福田のり子さん

  • 2011.05.16 Monday
  • 10:49
 2005年1月25日に奄美大島・瀬戸内町勝浦集落で録音しました藤岡俊一さんと福田のり子さん(ハヤシ)のうたごえの録音データです。

03. 朝花節 (03:29)


06. 俊良主節 take01 (03:18)


08. 俊良主節 take02 (03:16)


10. くるだんど (03:02) 


12. くるだんど take02 (03:01) 


14. 俊金節  (03:52) 


16. 野茶坊節  (04:11) 


19. 塩道長浜節  (03:13) 


23. よいすら節  (02:40) 


トラックナンバー、曲名、演奏時間の順です。

録音情報03/内山五織さん、水本優香さん

  • 2011.04.25 Monday
  • 10:32
(アユ)--徳之島伊仙町出身の元気な内山五織さん、水本優香さんの島唄を録音したものです。この録音から5年が経過しますが、五織さんは、同志社大学の大学院に進学するなど地域文化の活性について研究する立場になっています。

02. 井之朝花 (3:55)

04. 畦(あぶし)越えぬ水(みじ)節 (1:38) 

06. 作(つく)たぬ米(め) (3:26)

08. 稲摺り節 (3:07)

10. 道節  (4:03)

12. うっしょ原長菊女節  (4:07)

16.   阿室ぬ慢女節  (2:31)  

トラックナンバー、曲名、演奏時間の順です。

録音は、2006年1月。徳之島・亀津で行いました。

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM